読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アフィリティ研究所 レポート用紙

広告の新しい運用法についてのメモ書きです

再始動

酷い発想が舞い降りた

この度、垢BANを喰らってしばらく活動を止めていたのですが、再び活動を始めることになりました。
二度と復活すんなとか言わない約束な
それに伴い、環境も手法も変えてみることにします。

新たなる環境

新たなる手法

  1. Linux Mint上でVirtualBoxを使い、仮想でLinux Mint複数動かす 仮想側はMint 17.2 32bit*2
  2. 仮想側でChromiumとProxy for ChromeのTor串を使いAdFlyにアクセス
  3. 後はマクロで閲覧をしっかりしていると見せかけつつ複数Chromiumで自動化

解説

  • Linux Mintを選んだ理由:軽いから。その一言で大体終わる。Windowsより少ないメモリとCPUリソースで動き、なおかつUbuntuベースの拡張性がある*3
  • Chromiumに変えた理由:Chromeだと何故かPCが落ちるから 理由は不明
  • 仮想で大量に回す理由:AdFlyの仕様(多分)でアクティブウィンドウになってる時間で閲覧してるかを判断するため、狂った発想でアクティブウィンドウの数を増やせばええやろ(適当)って考えでこれに至る。

田代砲で例えると砲撃速度を上げるのではなく、砲台の数を増やして攻撃数を稼ぐって考えに近い

  • アドオン変えた理由:Torの串がある程度速度が出るため 一応アクセス毎にIPは変わってるもよう あと、サイト別に個別の設定ができるから。

騙せるのは確認済

今度はこの手法で実験してみる。無論、新しく捨て垢は作るが。

*1:Google ChromeChromiumからの派生なのでChrome用のアドオンがそのまま使いまわせる

*2:17.2なのは手元にあったMintの32bitインストールディスクが17.2だったから

*3:Ubuntuのソフトの殆どが使いまわせるから 多分全部いける